推しのすゝめ

管理人あくろが推したいものを推す場所

人外×人間における二人の違い「エロスとプシュケー」のすゝめ vol.2

 

f:id:kuro07kun:20210508190559j:plain

Eros and Psyche

初めに

 最近ギリシャ神話を調べ始めた人間が書いています。

 知識不足やら解釈違いやら間違った情報やら、粗しかない記事だと思います。ですが今後も私なりに、ギリシャ神話を楽しみながら調べていって、穴を見つけたら都度修正していくつもりです。

 未熟者ではありますが、シャレにならない間違い以外は大目に見てくださるとありがたいです。シャレにならないものは、コメントとかでこっそり教えてください。

 

今日伝えたい推しポイント

  1. 妄想を掻き立てる二人の距離の縮まり方
  2. 完全な神と不完全な人間の違い 👈いまここ!

  3. 最後のセリフから考えるエロスの愛

 

 

人外×人間の代表作は?

 多種多様なパターンが存在する「異類婚姻譚」の中で、メジャーなパートナーのタイプといえばなんだろう。人外と人間の恋や愛を描いたというので、パッと浮かんだのは千と千尋の神隠しだ。

 

 他にも人外のタイプであるのは、妖精や精霊などの概念から姿をなしたもの、人間に化けた動物、最近ではモン娘などと多岐にわたる。だがやはりというか、人間の相手になる人外には何らかの神であったというオチが最もメジャーなのではと思う。

 

千尋とハクに見る疑問

 人間の子供の千尋がある日異界へ迷い込み、かつて川の神だったハクに助けられ、成長し、現実世界へ戻っていく。
 世界的にも認められたジブリの作品なので、だれしも一度は見たことがあるだろう。見たことない人はレンタルして見よう。
 この二人もエロスとプシュケーのような「神と人間」の間柄であることは明らかだ。始まり方も、気のせいかもしれないが似ている気がする。

 千尋とハクの最終的な関係を「婚姻」という括りで見るというのは、個人的には疑問を感じる。
 カップリングで見たらハクと千尋の関係は良いと思うが、映画の描写だけを見るなら、ハク――神から人間への一方的な愛情ではないかと考えるのだ。

 

 それを踏まえて考えてみると、神は人間のどこを愛するんだろうという疑問にたどり着く。基本的に不老不死で完璧超人な神様たちが、限りある命を使って争ったりする不完全な人間の、どこを好きになるんだろう。

 前置きが長くなったが、今回書くのは「エロプシュ」の中でも

神と人の違い

に焦点を当てた記事だ。

 正直に書くと今回のはこの次に書くものの前振りみたいなものなので、あまり中身はないかもしれない。


違いその一 不老不死と寿命

 まず最初に来るのは、やっぱりこれだろう。人間と神では圧倒的に命の価値が違う。
 一時的に死んだとしても、なんやかんやで復活したりするのが神である。
 ペルセポネなんかはその筆頭だろう。彼女は一度冥界へさらわれ、解放される際ハデスにザクロを食べさせられ、結局冥界に居つくことになった。
 だけどその後彼女が死んだといえばそうではなく、ハデスの妻として冥界の女王という立場に落ち着いている。

 「基本ギリシャ神話の神は死なない」

 それは恋心の神エロスも当てはまる。

 

 対して人間はどうかといえば、皆さんご存じの通りだ。私たちはいつか必ず死ぬ。病気とか事故とか、何かしらの理由で、絶対に終わる命だ。神様のように不老でも不死でもないから、時間が経つにつれどんどん身体が動かなくなっていく。
 加えて人間は(神様からしたら)愚かだろうとも思う。約束は破るし好奇心に身を任せてひどいことになるし、短い命を削りながらやることがそれ? って思う神様もいるんじゃないかと、私は妄想している。

 そんな小さくて弱い人間に、何故神様は恋をして、欲情して、愛するんだろう。

 

違いその二 人間の心の弱さ

 神様は基本的に約束を破らない。忠告や予言があればそれに従うし、相手が人間であれ神様であれ、一度した約束はきちんと守るというのが私の印象だ。浮気はするけど約束は守るって、誠実なのか不誠実なのかよくわからないところではあるけど。
 誰かからの忠告をうっかり忘れちゃったりはするけれど、意図的でない場合が多いから「約束を破った」という判定には入らないと思う。

 

 なんというか、神様はお互いに対する裏切りを人間以上に重く見ているような気もする。

 

 対して人間はどうだろう。平気で裏切るし嘘はつくし、忠告を無視して開けちゃいけない箱をすぐ開ける。振り返ったらだめだよって教えてもらった場所で振り返っちゃうし、なんかもういろいろダメだと様々な物語を読んでて思う。

 

 こんな未熟な人間のどこが好きなんだろう、と読む度に首をかしげてしまうのは、私だけだろうか?

 

二つの違いを踏まえた上で

 こうやって並べてみると、神話に描かれる人間の不完全さが際立つと思う。完璧な神様同士でちゅっちゅしてればいいものを、ただ「見た目が美しい」という理由で簡単に人間を娶っていいのだろうか。
 きっかけは確かに美しさだけど、結婚するというなら嫌でも相手のマイナスな面を見ないといけない。それは現代も、昔も、神話の中でも同じ。エロスは「自分との約束を破った」という、プシュケーの「マイナスな面」を見て、一度彼女の前から姿を消した。

 だとしたら何故、彼は自分を裏切ったプシュケーを助け、ゼウスに助けを求めてまで彼女と一緒になったのだろう?

 

 次の記事では私が一番語りたかった、エロプシュにおけるエロスとプシュケーの愛について語る。
 上記した疑問に返す、私なりの答えだ。よければ最後まで付き合っていただけると幸いである。

 

最後に

 vol.1からの差がすごい。最初にも書いた通り、今回の記事はこの次に書くつもりの

最後のセリフから考えるエロスの愛

に続けるための、いわば助走のような記事だ。

 中身は薄いが、私としてはひとつの物事をここまで考えたことがなかったので、いくら中身がなかろうと面白いと思っている。

 だからこれで良い。私が楽しいから良いのだと思う。エロプシュが終わったらハデスとペルセポネも書こうかと考えてるので、またいろいろ調べなければいけない。今から少し楽しみだ。

 

美女と野獣の元ネタ疑惑 「エロスとプシュケーのすゝめ」 vol.1

 

 

f:id:kuro07kun:20210508190559j:plain

Eros and Psyche

初めに 

 最近ギリシャ神話を調べ始めた人間が書いています。

 知識不足やら解釈違いやら間違った情報やら、粗しかない記事だと思います。ですが今後も私なりに、ギリシャ神話を楽しみながら調べていって、穴を見つけたら都度修正していくつもりです。

 未熟者ではありますが、シャレにならない間違い以外は大目に見てくださるとありがたいです。シャレにならないものは、コメントとかでこっそり教えてください。

 

今日伝えたい推しポイント

  1. 妄想を掻き立てる二人の距離の縮まり方
  2. 完全な神と不完全な人間の違い

  3. 最後のセリフから考えるエロスの愛

 

 

人外×人間のすゝめ

 

 人外と人間の恋愛を描いた「異類婚姻譚」は、今の時代からさかのぼれば神話の時代まで愛されていると思う。

 

 昔々のおとぎ話で言えば、ディズニーでアニメ、実写化共に大ヒットした「美女と野獣」とか。
 最近の作品で言えば、有名どころは「魔法使いの嫁」とかがある。
 主人公は直接関係なくても、ストーリーに出てくる友人や恋人同士が人間と人外である場合なら、「夏目友人帳」も当てはまる。

 

 どれもこれも名作なので、まだ見たことがない人はぜひ見ていただきたい。「夏目友人帳」と「美女と野獣」はどちらもUーNEXTで配信中だ。ぜひ見て。

 

 

 

 人外といっても容姿や設定によって、好みが分かれる。

 

  • 人間の身体で頭が異形か
  • 身体が大きくて毛に覆われた獣人か
  • 姿かたちは人間そのもので、その実人間とはかけはなれた存在か。

 

 今回私が推すのは、上記の中では最後にあたる

 

同形でありながら人間とは全く違う存在

 

のお話。神話から持ってきた、神と人間の恋物語だ。

 

 オタクからしたらギリシャ神話なんて必修デショぷすーwwwな諸先輩方も、私と同じく神話はあまり通ってこなかった人も、よければお付き合いいただきたい。

 

二人の出会いからハッピーエンドまで

 

 今回私が推すカップルは、ギリシャ神話より「恋心の神エロス」と「王女プシュケー」の二人だ。この二人の関係は、エロスの上司である「美の女神 アフロディテ」の嫉妬から始まる。箇条書きになるが簡単にあらすじを書こう。

 

 

・ある国に生まれた三姉妹王女の末っ子プシュケー。彼女の美しさに嫉妬したアフロディテが、エロスに「お前の矢であいつがみにくい男と恋するようにしろ」と命令する。
・エロスはプシュケーの美しさに見惚れ、彼女に使うはずだった矢を落とし、恋をしてしまう。

 

・プシュケーが結婚しないことを心配した両親が、アポロンから「山のてっぺんにプシュケーを置き去りにすれば、娘は山の怪物と結婚するだろう」と神託を受ける。
・神託に逆らえず山に置き去りにされたプシュケーを、ゼフィロスがある森の宮殿まで運ぶ。
・エロスがプシュケーのために用意した宮殿で、二人の生活が始まる。その際エロスはプシュケーに「自分は夜にしか宮殿に来られないこと」「理由があって姿を見せられないこと」を告げる。 

 

・しばらく楽しく暮らしていたプシュケーは、ある日姉二人が自分を恋しがっていることを聞く。幸せであると伝えたいと思ったプシュケーは、エロスに頼み込み姉二人を宮殿に招待する。
・妹の豊かな生活が妬ましい姉らは、プシュケーに「顔を見せられないならきっと化け物に違いない」「今晩顔を見てやって、化け物だったら殺してしまえ」とそそのかす。
・不安に駆られたプシュケーはそれを決行してしまうが、初めてみたエロスのあまりの美しさに見惚れ、持っていたナイフを落とす。その痛みで目が覚めたエロスは、顔をみられたことを知って姿を消してしまう。

 

・エロスに惚れたプシュケーは彼の忠告を破ったことを後悔し、エロスの上司であるアフロディテの神殿に向かう。
・まだ彼女に嫉妬していたアフロディテは、エロスにふさわしい相手か見極める名目で、無理難題を彼女に課す。三つある試練のうち二つは、プシュケーを心配したエロスの手助けでクリアできる。 

 

・最後の試練は冥界の女王から化粧品をもらってくるもの。死を覚悟したプシュケーだが、ある声から冥界に行って帰ってくる方法と「化粧品を入れた箱は絶対に開けちゃいけない」と忠告を教えてもらう。
・無事化粧品を受け取れたプシュケーは、油断して箱を開けてしまう。中から漏れ出た「冥府の眠り(死)」を吸い込み、プシュケーは倒れてしまう。
・そこにやってきたエロスの手助けで、プシュケーは無事化粧品をアフロディテへ届けられる。最後の試練クリア。

・エロスがゼウスに頼み込み、二人の結婚は認められる。後日プシュケーは神の酒を飲んだことで不老不死になり、神の一員に迎え入れられた。

 

 

 以上がこの二人のストーリーだ。これでもだいぶ端折った方だが、それでもこの情報量。さすが神話だけあってすさまじい。(初心者並感)

 ざっくりとストーリーに目を通したところで、さっそく本題に入ろう。まずひとつめの推しポイントはこちら。

 

『妄想掻き立てる距離の縮まり方』

 

 皆さんは 1991年にディズニーが公開した

 

美女と野獣

 

を見たことはあるだろうか?見たことがないならすぐ見てほしい。名作だから。

 

 私事になるが、私はこの映画が大好きだ。多彩な色使いや魅力的なキャラクターなど推しポイントを上げればきりがないが、今回注目したいのは映画内で描かれた

 

野獣とベルの変化

 

である。

 私は美女と野獣の中で描写されたこのシーンと、今回のエロスとプシュケーの二人にちょっとした類似点のようなものを見つけた。

 

おさらいその一:エロスとプシュケーの出会い

 

 この二人がそもそも顔を合わせるきっかけになったのは、彼女の両親がアポロンからの神託を受けたことである。
 神話の時代における神託というのはお告げ、預言と言い変えることもでき、基本的には覆ることも覆すこともできない絶対的なものだった。
 それに逆らえなかった両親がプシュケーを置き去りにしたところを、西風の神ゼフィロスが宮殿まで送っていったのである。

 つまりプシュケーは自分から彼のもとへ行ったのではなく、神託という外的要因で強制的に行かされたのだと私は考えた。

 

おさらいその二:美女と野獣の出会い


 ベルは発明家を父に持つ村娘だ。ある日街の発明品発表会に出かけた父だったが、ベルのもとに戻ってきたのは荷車を引いていた愛馬のみ。何かあったに違いないと心配したベルは、愛馬と共に父が捕らわれた野獣の住む城に訪れる。
 城の主である野獣の怒りを買った父親を助けるため、ベルは城に残ることを強いられるのだ。

 

プシュケーとベルの共通点

 

 二人が将来のパートナーと出会うきっかけを比べてみて、どうだろう。ベルとプシュケーって、似てるところが案外多い気がしないだろうか。私はする。(確信)

 

 村娘と王女という立場の違いはあれど、二人が彼らのもとへ赴くことになった理由には、家族の存在と絶対的な力関係が絡んでいる。か弱い女の子の相手が野獣や神、彼女たちには不安なことも多かったかもしれない。

 

・自分から赴いたわけではなく、強制的に行かされた
・家族が理由に絡んでいる

 

 以上の二つが、この二種類のお話を比べて見える類似点だ。

 

 ところでベルと野獣の関係だが、最初はお互いへの好感度最悪だったものの、ある出来事をきっかけにだんだんと良い雰囲気になっていく。これから話すエロプシュ(エロス×プシュケーの意)においてもこの話題は外せないので、簡単に記しておこう。

 

 ひょんなことから野獣の秘密を見てしまったベルは野獣により城を追い出されるが、森の中でオオカミに襲われかける。絶体絶命のピンチに思われたところに間一髪で野獣が駆け付け、危険を顧みず助けるのだ。
 そこから二人は少しずつ距離を縮めていく。自分を助けた時に負った傷を手当しながら、少しぶっきらぼうにお礼を言うベル。それまでは薬が傷にしみるたびに

 

「もっと優しくできないのか」
「お前が出ていかなければこんなことにはならなかったんだ」

 

と文句を垂れていた野獣は、ベルの感謝の言葉を聞いて、はっと彼女のほうを見る。雪がしんしんと降る夜、暖炉の炎で照らされる二人は、どこか居心地悪そうでありながらも、いじらしく穏やかな雰囲気に包まれるのだ。

 

 それからの二人はといえば、雪の止んだ庭で一緒に鳥に餌をやったり、雪合戦をしたり。一緒のテーブルで食事をしたりと、仲睦まじい様子を見せ始めていく。

 

「やさしく親切 だけど見かけは意地悪よ
それでも不思議ね なぜか憎めない気がする」

「彼女は僕を見て そしてそっと触れてくれた
怯えても 震えても いない優しいまなざしで」

美女と野獣 『愛の芽生え』より抜粋

 

 

 作中でお互いを見つめる二人の声色は、それまでの恐ろしさや戸惑いが消えて温かさにあふれている。慈愛に満ちた表情の二人が、自分の口でお互いへの気持ちの変化を歌い上げる。それによって観客に彼らの気持ちの変化を描写するのだ。

 

 閑話休題

 エロスとプシュケーの二人に戻る。

 

 プシュケーとしては、先にも書いた通り不安が大きかっただろうと思う。
 だって神様から


「お前は化け物と結婚する」

 

なんて言われて、家族と離れ離れで山に置き去りにされ、みたこともない森の宮殿に連れてこられたのだから。
 そこでいくら歓迎されてもてなされたとしても、夜にしか現れず顔を見ることができない相手が伴侶だなんて、すぐ信じられるわけもない。私だったらいろいろ勘ぐってしまうし、住み慣れた城に帰りたいと枕を濡らす。

 

 ベルだって最初は、得体のしれない野獣と一緒に住む不安と、たった一人の父親と離された悲しみに泣き崩れている。家族と離れて暮らすことになったプシュケーにも、同じような場面はあったはずだ。

 

 この二人の共通点には先に書いた二つに加え

 

・これから先どうなるかの不安

 

という、内面的なものもあることがわかるだろう。

 

描写されない『間』を見る

 

 そこからどうやってエロスとプシュケーが仲良くなっていったかの描写は、基本的に書かれていない。この記事を書くにあたり後述する三冊の本を参考にさせていただいたが、その中のどれにも二人の生活の様子は書かれていなかった。

 

 ベルと野獣が互いに気を許すきっかけになったようなイベントは無く、二人の間でどんな心情の変化があったのかも描かれていない。これが現代の作品として書店に並んでいたら、少し物足りなさを感じたり、不完全だと思うかもしれない。

 

 でも、だからこそ私は萌えたのだ。文献が少ないとか、そもそも子供向けにまとめられたからだとか、描写する必要がなかった可能性とか、そんなのはどうでもいい。
 書かれていないということは、その空白をどう受け取るかは私たち読者次第。そうなのか、と特に深刻に受け止めず進めてもいいし、私のように


「ベルと野獣が作中でそうだったように、この二人も書かれていないだけで仲良くなる過程があったんだな……どうやって仲良くなったんだろうな……」


と、好き勝手妄想するのも自由だ。


 間に空白があるからこそ、どんな解釈もできる。身近な物語に似ているからこそ、過程のない空白の時間がいとおしいと、私以外にも思う人はいるだろう。

 

最後に

 

 記念すべき初記事なのと、どうしても二人の魅力を語りたい! と無心で書いて、削って、書いて削ってを繰り返していたら……

>>推しポイントその一だけでまさかの約七千字<<

となってしまった。さすがに小説でもないのに一万字超えるのはまずいと判断したので、エロプシュは三分割で語らせていただくことにする。

 友達から何回か聞いていたギリシア神話。子供向けから読むと良いと言われて今回手を出してみたが、さすが様々な作品のモチーフになってるだけあり面白い。横文字名前が多くて頭がパンクしそうになるが、壮大な神同士の戦争から不倫話まで話題に事欠かないのが魅力的だと思う。

 

 いつかの私のように「ギリシャ神話、興味はあるけど難しそうだし人いっぱい出てくるしな……」と尻込みしている人がいたら、まずは小学生向けの本から手に取ってみることをオススメする。

 子供向けだからこそ簡単にまとめられているし、わかりやすいし、何よりお手軽で面白い。名前がわからないならその都度紙なりスマホなりに書いて、相関図を把握しながら読むと頭に入りやすいのでうってつけだ。

 

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。次があったらまた読みに来てやってください。

 

美女と野獣を調べていてエロプシュの話の流れそのまんまやんけ! と気が付いたことは内緒ダゾ……)

 

今回参考にさせていただいた本、サイト(敬称略)

 

 

 

greek-myth.info

Wikipedia

コトバンク